シンプルなアルゴリズムで回収率80%を大きく超えるのは意外と難しい

ハイどうも!ぶんじろうです!

前回の記事で回収率が80%程度や80%以下ならわざわざAIを導入する必要は無いと書いたんだけど、色々試してみたけどシンプルなアルゴリズムで回収率を高値安定させるのは意外と難しい。

たとえば締め切り1分前にオッズを読み込んで、1番人気の単勝が何倍以上なら買う…みたいなアルゴリズムだと、回収率が安定はするんだけど、やっぱり80%前後の壁は超えられない。

当初の予定だとシンプルなアルゴリズムで回収率90%前後に持って行って、そこからブラッシュアップして回収率100%突破を目指していたんだけど、そんなに甘くなかったね。

もう1つのアプローチ方法として考えられるのは、逆に「勝った馬の共通点は何か?」というのをデータから探るという方法があるんだけど、これも気を付けないと結論が「勝つ馬の多くはオッズが低かった」みたいな結論になっちゃうと意味が無い。

つまり、好配当であるにも関わらず勝った馬はどうして勝てたのか?そこを突き詰めていくと、何か答えが見るかりそうな気がするな。