三連単が当たった時の賞金・当せん金はいくらなの?

4月 28, 2020 - 読み終える時間: ~1 分

三連単の馬券が当たった時に貰えるお金は「配当金」と呼ぶよ!

宝くじなんかだと賞金・当せん金って呼び方が一般的だけど、馬券の場合は「配当」って呼ぶのが普通なんだ。

当たった時の配当の金額は、以下の計算方法によって決まる。

(馬券売上×0.725)÷的中票数

参考:競馬控除率 還元率 払戻率【JRA・地方競馬】最新版

みんなが沢山馬券を買っている組み合わせの配当は少なくなり、少数の人しか買っていないような組み合わせは配当が多くなる。

なので、強い馬ばかりの組み合わせは当たりやすいけれど配当が少なく、弱い馬の組み合わせは当たりづらいけど、当たった時に貰えるお金は多くなるんだ。

オッズを見るとわかる

当たった時にお金が何倍になって返って来るかは、オッズを見るとわかる。大体競馬場や場外馬券売り場の場内モニターで表示しているし、スマホでJRAのWEBサイトなんかでも確認できるよ。

例えば以下のようなオッズの場合…

1→3→4の馬券を買おうとしたら…

赤丸の所を見るとOKだよ。1720倍、つまり100円が17万2000円になって返ってくる。

1着が1で、2着が3で、3着が4の所だね。

もし、1→4→8を買うなら…

ここだね。1446倍って事は、100円が14万円になるって事。

このオッズは固定された数値ではなくて、馬券の売上の変化に伴って、株価みたいに刻一刻と変化しているので、馬券を買う前には1400倍あっても、その後に多くの人が同じ組み合わせを買えば、オッズが下がる事もある。

逆に自分が買った時よりもオッズが上がる場合もあるね。

自分が何倍の時に買っても、最終的に馬券発売終了後の確定オッズが適用されるので、馬券購入時のオッズは単なる目安でしか無いって事。

あと、競走除外と言って、レースが始まる前に怪我などでレースに出走出来なくなった馬がいると、その除外馬に関する馬券は返金されるので、馬券売上総額が下がり、オッズが変化(下がる)する事も覚えておきたいね。

その除外されたのが人気の馬であればあるほど、オッズの下がり幅は大きくなる。

あまりに大きく下がると残念な気もするけど、人気の馬は強い馬が多いので、その馬がいなくなった事で、他の馬は勝ちやすくなるため、オッズが下がったぶん当たりやすくはなっているんだ。