競馬の出目と死に目とは?【活用法】

10月 14, 2019 - 読み終える時間: ~1 分

競馬の出目と死に目について話します。知らない人のために簡単に解説しておくと、死に目は全然出ていない数字を指し、逆に出目はよく出ている数字を指します。

何レースも同じ枠番や馬番の馬が続いて馬券に絡んだり…

逆に1日1回も3枠が馬券に絡まなかった…とか、なんて事がよくあります。

他にも…

「8枠が出た後はもういっぺん8枠が出やすいんじゃ!」

みたいなホントかウソかわからない予想法を提唱する人がいたりもします。

Q:やっぱり出目って気にした方が良いの?

いや、競馬の個々のレースは独立事象っつって、先のレースの結果は後のレースの結果に基本的には関係ないのよ。

2枠が出まくってても、次のレースの2枠が来る確率には何ら影響はないってのが基本。

Q:じゃあ単なるまぐれって事か

うん、大部分はね。

ただ、競馬でよく出る数字にも書いてるけど、やっぱり若干偏りはあるんだよね。ルーレットやサイコロみたいに全ての馬番が均等な確率ではないからね。

だから○枠は続くとか、○枠のあとは△枠狙い…とか、そういうのは科学的に言うと信憑性は薄い馬券術って事になるんだけど、まるっきり出目が役に立たないって事でもない。

でも、狙うなら出てない数字より、よく出てる数字を狙う方が良いよ!

Q:たくさん出た数字は、もう売り切れー…みたいな感じで出て来なくはならないの?

よく出てた数字が急に出なくなる事もあるけど、それは、よく出てたから出なくなったわけでは無いんだよねー。

よく出る数字ってのは競馬確率論にも書いてるように、よく出る理由があるからよく出てくるって考える方が自然なんだよね。有利だからこそたくさん来てるわけだからね。

結局出目と死に目というのは、言い換えれば統計なわけで、統計的にたくさん出てる方が良いのは感覚的にわかるよね

Q:統計ってのは、もっと何万レースとか膨大なデータが無くても良いの

そりゃ数が多い方がより正確な事がわかる場合もある。けど、その出目の傾向がその日の馬場状態による現象だったら、別の日のデータとごちゃ混ぜにしたんじゃ意味がないだろ?

Q:その日好調な出目は買いって事ね!

基本的にはそういう事。もちろん自分が買い始めた途端にピタッと出なくなる事もあるだろうけどねー!

About

こんにちは!投資競馬研究家ぶんじろうです!このブログでは初心者の人が気になる質問などにお答えしています!