競馬場やウインズの無料Wi-Fiへスマホやタブレットを接続する方法

10月 10, 2019 - 読み終える時間: ~1 分

JRAの全ての競馬場や殆どのウインズでは誰でも無料でWi-Fiの無線LANに接続して、WIN5を含むIPAT投票や、インターネットを利用する事が出来ます。

G1の開催日などだと競馬場周辺の携帯電話基地局だけでは足りなくて回線が混雑するので、上手くWi-Fiも利用して回線の負荷を分散させて、スムーズに馬券投票をしたいものです。

競馬場の無線LANを使うためには、当然ですがスマートフォンやタブレット、Wi-Fiを使えるパソコンなどの機器が必要となります。

あと、事前にゲストコードと呼ばれるパスワードのような物を発行してもらわないといけません。

ゲストコードは jracode@forguest.wi2.ne.jp に空メールを送るだけですぐに発行されますから、何も面倒な事はありません。

ゲストコードの発行にも料金などは不要で、メールアドレスさえあればだれでもOKですし、フリーメールでも構いません。このゲストコード取得用のメールアドレスを電話帳などに登録しておくと便利です。

結構やってしまいがちなのがドコモやソフトバンクなどの携帯電話のメールアドレスの場合、パソコンメールが届かない設定になっていて、いつまで経ってもゲストコードが取得できないケースがあります。

なので、『@wi2.co.jp』からのメールを受信できるように設定してください。

競馬場についたらWi-Fiの電波を探して、SSIDの名前が「Wi2premium」となっているものに接続しましょう。接続されたらブラウザを起動させ、自動的に表示されるログイン画面にゲストコードを打ち込んでエンターボタンを押すだけ。

以前は10分ほどで自動的に切断されて、日に何度もログインしなきゃいけなかったんですが、今は改善されていて一度ゲストコードを入れてしまえば競馬場にいる間は再度ゲストコードを入力する必要はありません。(有効期間は最初のログインから9時間だそうです)

1つ注意しなければならないのは、ゲストコードは使い捨てなので、次回競馬場に行くときは改めて新しいゲストコードを取得する必要があります。間違って古いゲストコードを入力しないように気を付けてください。

About

こんにちは!投資競馬研究家ぶんじろうです!このブログでは初心者の人が気になる質問などにお答えしています!