出馬表に書いてる芝とかダートとかは何なのか?

11月 14, 2019 - 読み終える時間: 17 分

競馬場で配布されている出馬表や、競馬新聞などに1200mとか、ダート1800mとか距離とワンセットで芝またはダートと書かれていますが、これは何なのか?

芝は芝生コースの事で、ダートは砂地コースの事です。海外ではダートと言うと土コースが多いですね。

芝とダートの違い

芝とダートの大きな違いは一体何でしょうか?

芝は固い土に芝が根を張る事で強固になり、競走馬の蹴りを路面が受け止め確実に推進力となるので、良い成績を残すにはスピードが求められます。

ダートの場合はふかふかの砂の上を走るので、競走馬の蹴りは砂のクッションに吸収されるため、クッションを苦にしないパワーが求められます。

このような違いがあるので芝のコースでは一気に差しが決まりやすく、ダートコースでは先行した馬の粘りこみが多く一気の差しが少なくなるわけですね。

詳細解説:ダート競馬必勝法

上述したように、芝とダートでは求められる能力が異なるので、芝でダメだった馬がダートで活躍したり、逆に芝ではそこそこ好走していた馬がダートに変わって全然ダメだったりします。

初ダート馬の取捨選択

以下はちょっと踏み込んだ内容になるので、最近競馬を始めたばかりの初心者にとっては難しいかも知れませんが、読んでおいて頭の片隅に残っていれば、以後役に立つかも知れません。

中央ダート重賞の場合

普通は見送りが妥当で、芝で良い成績をあげている馬であっても、ダートではまったく通用しないケースはかなり多い。まず通用しないと考えた方が無難。

例外としては、2020年根岸ステークスのモズアスコットのように、いきなり初ダートで勝ってしまうこともある。

でも注意して欲しいのは、あくまでモズアスコットの場合はダート路線の馬がぶっちゃけイマイチなメンバーだったタイミングでもあるって事。

地方ダートグレードの場合

ダートグレードの関東オークス・アルビアーノの事例。

JRAのアルビアーノが単勝オッズ1倍台で1番人気になっていて。確かにこの馬は前走がNHKマイルCを2着という事で、少々他の馬とは格が違うなというのは誰にでもわかるかなり芝で実績を上げて来た馬だった。

過去10年間のデータを振り返ってみると、この関東オークスが初ダートで勝った馬と言うのは2010年のシンメイフジぐらいのもので、大抵は関東オークスまでの間にダートのレースを少なくとも1回は使ってる馬が勝っていた。

結果は4着やったね。やっぱり競馬予想のセオリー通り初ダートではそう簡単に勝てない。この年以降も今まで関東オークスを初ダート挑戦で勝った馬はいません。

古い例だと2009年・名古屋JBCスプリントで、芝ではスプリンターズSや高松宮記念で勝ち負け出来てたビービーガルダンが6着に大敗したからね。やっぱ同じ短距離というカテゴリですら芝とダートは別物かな。

3歳未勝利戦の場合

結論から言うと取り敢えず今回調べた範囲で言えば、単勝オッズ3倍台以下ぐらいの人気があると、馬券には絡んでくる割合が増える。

7倍近辺とか10倍台とか、中途半端なオッズの場合が一番曲者な気がする。30倍以上の馬が馬券に来る事もチョイチョイあるが、それを狙うと言うのは得策とは思えない。

初ダートの馬は最下位になるケースもかなり目立ち、決して有利な存在では無いと思う。

今回話した以外にも初ダートの事例については初ダート馬は買うべきか、買わないべきか?で沢山書かれているので、良かったら読んでみて!

未勝利調査時のデータ

日付 場名 R 距離 馬名 オッズ 結果
20/01/18 京都 1 1200 ホウオウガルーダ 85.8倍 着外
20/01/18 京都 1 1200 プリサイスショット 40.0倍 3着
20/01/18 京都 1 1200 ダイヤモンドライフ 6.4倍 着外
20/01/18 京都 1 1200 グリーシアンギフト 371.2倍 着外
20/01/18 京都 1 1200 ジューンマウス 14.1倍 着外
20/01/18 京都 1 1200 ピンシャン 3.2倍 1着
20/01/18 京都 2 1800 デルマルビー 236.3倍 着外
20/01/18 京都 3 1400 マルタクロス 7.5倍 着外
20/01/18 京都 3 1400 フォーテ 3.5倍 2着
20/01/18 京都 3 1400 コルニリア 255.5倍 3着
20/01/18 中山 1 1200 ヒガシヴァルキリー 12.3倍 着外
20/01/18 中山 1 1200 タイセイダンク 60.5倍 着外
20/01/18 中山 1 1200 シゲルセイウン 24.0倍 着外
20/01/18 中山 2 1800 コミックラン 7.6倍 着外
20/01/18 中山 2 1800 イッツオーライト 71.6倍 3着
20/01/18 小倉 1 1000 ヒノカミ 49.8倍 着外
20/01/19 京都 1 1800 ショウアン 95.7倍 着外
20/01/19 京都 1 1800 テイストオブハニー 1.4倍 着外
20/01/19 京都 2 1800 ワールドウインズ 2.4倍 1着
20/01/19 京都 2 1800 ミツルプレジデント 108.1倍 競走中止
20/01/19 京都 2 1800 クリノビックスター 98.0倍 着外
20/01/19 京都 2 1800 ウォーターモースト 31.8倍 着外
20/01/19 京都 3 1400 アールグロウ 21.9倍 3着
20/01/19 京都 3 1400 ツインシップ 7.3倍 着外
20/01/19 京都 3 1400 シゲルモクセイ 21.3倍 着外
20/01/19 中山 1 1200 プラチナスター 76.1倍 着外
20/01/19 中山 1 1200 サトノポーラスター 17.8倍 1着
20/01/19 中山 1 1200 コーリンマジェリー 12.4倍 着外
20/01/19 中山 1 1200 ゴールドオーク 3.7倍 着外
20/01/19 中山 2 1800 グラスカルメン 141.0倍 着外
20/01/19 中山 2 1800 カナタ 9.5倍 着外
20/01/19 中山 3 1800 シュラハトシップ 98.1倍 着外
20/01/19 中山 3 1800 ロジシップ 46.5倍 着外
20/01/19 中山 3 1800 ダノンファスト*1 1.8倍 1着
20/01/19 小倉 1 1700 トモエタカ 74.0倍 着外
20/01/19 小倉 1 1700 ジェシーハート 24.5倍 着外
20/01/19 小倉 1 1700 マドルガーダ 4.0倍 3着

*1:先行馬が少ないレースで、ダノンファストは芝の千六でも先行できるほどのスピードを持っていた。やや重の馬場で1000mが1分5秒フラットという緩い流れだったため、余裕で脚を溜める事が出来て大差の圧勝となった。

About

こんにちは!投資競馬研究家ぶんじろうです!このブログでは初心者の人が気になる質問などにお答えしています!